Blog記事一覧 > 未分類 > 夏の睡眠!!

夏の睡眠!!

2014.06.12 | Category: 未分類

ジメジメした日が続いていますが、ぐっすり眠れていますか??

 

 

今日は、熱帯夜に負けずぐっすり眠る快眠術をご紹介します♪

 

夏の日になかなか寝付けない原因は、言うまでもなく<< 蒸し暑さ >>ですよね。

<< 蒸し暑い >>という言葉が示すように高温に高湿が加わることで不快感はいっそう高まります。

夏の夜は湿度が高いのに、睡眠中の発汗により寝床内の湿度はさらにアップします(>_<)

温度が発汗を招き、発汗が湿度を高めるわけです。。。

yjimage1JIEK7JY

 

 

激しい温度差が夏の睡眠リズムを崩します(>_<)

 

眠りは昼間の活動内容に大きく左右されます。

人間の昼行性を支えているのは<< 自律神経 >>とよばれる機能で、

血液循環・血圧調整・消化、体温調整などに深く関係しており、交感神経と副交感神経から成り立っています。

 

活動をつかさどる交感神経は<< 昼 >>、

安静・休息をつかさどる副交感神経は<< 夜 >>に働きます。

 

熱帯夜になるような日は、昼間の気温も高く、

太陽の光がジリジリ照りつける屋外とクーラーがガンガンきいた屋内との移動を何回も繰り返します。

これは、アフリカと北極を瞬間移動しているようなものです。

このような変化に対応しようと人体は必死で体温維持に努めます。

あまりにも頻繁に繰り返される体温調整のために、交感神経と副交感神経がパニック状態になるのです。

その影響が神経の高ぶりや睡眠リズムの乱れなどの諸症状をもたらし、

深い睡眠をとれなくしてしまうのです。

yjimage[1]

 

真夏の夜の快眠術

 

・ぬるめのお風呂にゆっくりつかる

・ふとんに入る3時間前には食べない

・目覚めたら朝日を浴びる

・香りや青色の効果を活かす

ラベンダーの香りには鎮静効果があるのでポプリを枕の近くに置いたり、お風呂にラベンダーの香りの入浴剤を入れるのをオススメします!!

 

熱帯夜にクーラーをつけて布団にくるまりながら寝ると気持ちいいですよね♪笑

しかし、翌朝起きたら、喉がイガイガしたり寒気がして風邪をひいてしまっという方も多いのでは

ないでしょうか??

 

電気代もかかりますし、なるべくクーラーをつけないで上記の快眠術を試してみて下さい♪

 

 

 

 

当院へのアクセス情報

アポロ整骨院鍼灸院

所在地〒263-0005 千葉県千葉市稲毛区長沼町257-14
電話番号043-216-2845
駐車場3台有り
休診日日曜・祝日
院長木所 篤志